オケラの迷路?

4月最後の日となりました。

まずは、お詫びから、昨日のブログでクイズの答えを掲載したのですが、その中に誤りがありました。

申し訳ありません。

②の答えは、コカブでした。

②コカブのサヤ

種になる前です。

実は、コマツナやミズナも同じようなサヤになります。
アブラナ科です。

一緒に植えていたため間違ってお伝えしてしまいました。

昨日のブログの方も変更してます。

よろしくお願いいたします。

さて、お詫びからのスタートとなりました。

兵庫県では、小中高校の休校が5月末まで延期となり、さらなる長期戦となります。

学校での菜園活動のサポートなどにも行かせていただいているので、それも中止や延期の連絡が来ています。

残念ですが、やむを得ない状況です。

季節とともにある活動は、いろいろタイミングもあるので難しいですが、とても大切です。

その重要性を再認識しています。

さて、前置きが長くなりましたが、農地でこんなものを発見!

農地の土の上に板を敷いてある場所があり、物を移動させる際によけてみるとこんなものが。

真ん中の方見えますか?何かいます。


この真ん中です。

オケラです。

正確には、ケラだそうです。

これは、することがないから迷路を作って遊んでいたわけではなくて、土の中でエサを探すためのいわば、オケラ専用の通路だそうです。

普通みられることはないので、まさかこれほどあからさまになるとは、思いもよらなかったでしょうね。

オケラは、雑食性らしく、草の根やミミズ、小さな幼虫などを食べるそうで、こうして土の中を移動しているのだそうです。

機用に動き回っていました。

見学させてもらったので、また板を置いておきました。

時々畑や田んぼで見かけますが、どのように生きているのか気にしたこともなかったので、少し親近感がわきました。