第5回こども農業塾

皆さま、こんにちは。


12月1日(日)、第5回こども農業塾をおこないました。

6月から始まったこども農業塾も今回が最終回です。

春に田植えから始めた米作りの仕上げとして、稲わらを使ってしめ縄を作りました。

自分たちで育てた稲わらを使って、
家族で力を合わせて素敵なしめ縄を作りました

こども農業塾を通して、捨てるところのない稲作文化を体験したことは、私たち現代人の生活を振り返る機会となりました。

また、リーダーのみなさんの会社のひとつでもある「株式会社リリーフ」で、リサイクルの工場見学をしました。
 1年を通して仲良く過ごしてきたリーダーの働く姿に
 尊敬のまなざしを送っているおともだちもいましたよ

ごみを再利用すること、また、ごみを出さない取り組みである、リユース・リサイクル事業の工場を見学して、自分たちのこれからの生活のヒントを学びました。


そして、こども農業塾での活動をパネルにまとめました。

できあがった作品は、2月19日から西宮市民ギャラリーで開催される「EWC環境パネル展」に展示されます。
みなさん見に来てくださいね!



最後に、一人ひとり修了証を受け取りました。
修了式では、農作業や自然を通してたくさんのともだちや地域の方々と触れ合い、身体だけでなく心も大きく成長したこどもたちの姿をみることができました。