2019年8月31日土曜日

土の中に、いろんなものを埋めてみた!(家族土曜日コース)

いよいよ8月最後の日。

西宮市立の小・中学校は、9月2日月曜日から2学期スタートということで、農業塾のみんなは、学校スタートを目前にがっかりしているかな?と思いましたが、それほどでもない雰囲気。

今年は、8月の下旬から学校が始まっているところもあるので、大阪からきている小学生メンバーは、すでに夏休みは終わっていました。

ということで、夏休みが終わるというショックはさほどなく、今日もみんな元気に活動してくれました。


夏野菜の片づけをしたり、草抜きをしたり、キャベツをうえたり、田んぼに防鳥ネットを張ったりと、今日もたっぷり作業をしました。

収穫作業もしました

草を抜きます

キャベツを植えました。

防鳥ネット張り作業




そんな中、今日の注目は、8月3日土曜日に土に埋めたいろいろなものを掘り出してみる作業です。

夏野菜を土に埋めたら、1か月後は、どうなっていると思う?

ペットボトル、ガラスのコップ、アルミ缶、スチール缶、木の板を埋めたらどうなるかな?

と土の中で、何が分解され、何がされないのかを確かめる実験です。

何を埋めていたかな?

何もないね


埋めたところを全て掘り終えました


トマトは?キュウリは?ピーマンは?・・・跡形もなく、なくなっていました。

ナスは、皮と種とヘタが少し残っていました。

といった具合に、すべてを掘り終えて結果を確認。



なくなったのはなぜかな?

誰かが食べた!

そう!その通り!

でも、誰かが来て掘り起こして食べたわけではなく、土の中のたくさんの微生物です。

みんなは、おうちでゴミを燃えるものと燃えないものに分けて、捨てているけれど、土があれば、土に返るものは、ゴミにならないのです。

反対に、土に返らないものは、何か処理をしなければ、処分できません。

処理しにくいものがたくさんゴミになったらどうなりますか?

少しで良いので、おうちのゴミのことも考えてみるきっかけになればと思います。

なんとなくそうかな・・・と思っていたことを実際に目で見て確かめてみる。

まだぼんやりとしかわからないこどもたちもいましたが、この様子をよく覚えておいてほしいと思います。

最後は、スイカを食べて終了しました。

もちろん皮は、堆肥箱に入れて、土に返します、よ。

8月31日土曜日 甲山農業塾 家族土曜日コースにて











2019年8月25日日曜日

生き物たちとも触れ合える農地

皆さま、こんにちは。

田んぼの稲は穂が出てきました。
穂のまわりの白い細かい毛のようなものは稲の花です。



さて、今回は、つちの子コースの第4回目(8月)での田んぼの活動の様子をご紹介します。

まずは田んぼに入る前に、説明を聞きます。
稲を踏まないようにね。生き物はやさしくさわろうね。



網とケースを持って、いざ田んぼへ。






大きなバッタを捕まえました!


カエルとトンボは逃げ足がはやくて捕まえるのが少し難しいみたい…

さがした生き物はみんなで観察します。



農地では作物を育てるだけでなく、たくさんの生き物たちのすみかになっているのですね。

はじめてバッタに触れたり、大きなカエルをみたり、たくさんの生き物に出会えた活動でした。

お盆を過ぎ、少し秋の兆しを感じた農地でした。

8月18日(日)、24日(土)、25日(日)
つちの子コース 第4回にて



2019年8月17日土曜日

かかしを作りました!

皆さま、こんにちは。

8月17日(土)の家族コースでは、みんなでかかしを作りました。

木の十字架にわらを結び付けて身体を作っていきます。
わらは稲わらと麦わらの2種類です。




かかしに着せる服選びに必死の子どもたち。
女の子はかわいい服を着せたいみたい。



服を着せて、マジックで顔を描きます。



作業風景はなんだか人が倒れている事故現場のよう…



個性あふれるかかしができました!




もう田んぼを見守るお仕事を始めてくれています。
秋にはおいしいお米がたくさん実りますように。


8月17日土曜日 甲山農業塾 家族土曜日コースにて


2019年8月10日土曜日

暑~い!一日でした。甲山農業塾 家族コースです。

皆さま、こんにちは

8月3日(土)家族コースでの様子をご紹介します。

キャベツ、ハクサイ、ブロッコリーの苗づくりをしました。
これらは冬野菜ですが、今の時期から苗をつくるんですね。
どの種もゴマよりも少し小さなサイズで、土の上に置くと見失ってしまいそうな大きさです。




暑さに負けず芽を出してくれるといいのですが…


たくさん採れた今年の夏野菜も、もう終盤です。
キュウリの葉も枯れてきて、



熟したトマトにも虫がやってきています。
この虫はコガネムシの一種のようです。



虫も食べにくるほどおいしいトマトです!


そして、土の中での分解実験をしました。
土を掘って、トマト、ナス、ピーマン、キュウリ、ペットボトル、ガラスカップ、アルミ缶、スチール缶、木の板、全部で9種類を埋めました。



1か月後に掘り起こします。
それぞれがどのような姿になっているのか、皆さんも想像してみてください!
掘り起こすのが楽しみですね。

今回も内容もりだくさんのセミナーでした。