2017年12月16日土曜日

ビニール張替え完了しました!【ビニールハウス】

台風21号による被害で、ビニールが破れてしまった育苗用のビニールハウス。

注文していた張り替え用のビニールがようやく届き、今週の水曜日(13日)、木曜日(14日)で作業を行いました。

13日水曜日は、午後、ボランティアさん、セミナー生(農とくらしをつなぐサポーター養成講座)計7名のお力を借りて、まずは、ビニールの取り外し作業。

皆さんにとって、もちろん初めての作業。

取り外しの手順に沿って、皆さん丁寧に作業を進めて行きます。

ビニールの再利用部分を確保するために、取り外す前にカット

少しずつ取り外していきます

ビニールがなくなりました(寒そうです)

外したビニールの片付け
 
長さ20mのハウスなので、ビニールを巻くのも大変です。

明日の準備作業として、入り口付近だけビニール取り付け
 
翌日の作業に向けたイメージもつかめてきました。
 
この日の作業は、ここまで。
 
皆様のお力で、大変はかどりました。

そして、翌日の14日木曜日、ボランティア活動日ということで、朝から8名のボランティアさんのお力を借りて行いました。

この日は、とにかくビニールを張ってしまうことが一番のミッションです。

風を気にしながら、張っていきました。

まずはサイドのビニールを張ります
 
次に天の面も少しずつ広げていきます
 
少し風がでてきたため飛ばないように、少しずつ仮止め
 
全体にビニールを張ったら、ビニールハウス専用のスプリングを使って、ビニールを固体
 
ビニールを上から押さえるバンドの取り付け(作業もいよいよ終盤)
 
 
昨日はずしたビニールハウスには新しいビニールが張られました
 
今回の2日間にわたる作業は、無事終了
 
あとは、扉部分や窓の部分を張り替えて完成となります。
 
ご協力いただきました皆様、ありがとうございます。
 
縁の下の力持ち、活動を支えてくださる皆様に感謝です。
 
このような被害がないに越したことはありませんが、自然相手の農作業は、何が起こるかわかりません。
 
何かの時には、こうして皆さんと力を合わせて、一つのことをやり遂げることも貴重な活動だと感じました。
 
12月16日土曜日 甲山農業塾 土曜日コースにて
 
 
 
 

2017年12月9日土曜日

二十四節気 大雪 閉塞成冬


大雪 閉塞成冬  


そらさむくふゆとなる   暦どおり、

前日の夕方から風が強まり、冬がやってきたかんじの農地です。

先月に蒔いた麦をみにいきます

 
 
かわいい芽がでてきています。


農地は、今の時期は雑草もあまりないですが、

ビニールハウスの中ではぬくぬくと雑草が生えてきます。

冬だけど ビニールハウスの中だと草抜きも必要です

 


12月といえば お正月を迎える準備も必要です。

稲刈りをしたあとにでる、わら、もみがら、ぬかは

くらしのなかで まだ活用されます。

ぬかは ぬかどこや肥料 もみがらは野菜の保存、

わらは縄や俵、そしてしめ縄かざりなど。

今日は、しめ縄リースに家族で挑戦しました。


          まずはわらの束の説明から

 


             3つに分けます
 
 


             まるーく仕上げます。


お正月の準備がひとつできました。

    2017129日 甲山農業塾 つちのこコースにて