2017年11月1日水曜日

ようやく最後の稲刈りが終了しました【鷲林寺農地】

10月21日、22日と10月28日、29日、2週続けて週末が雨、しかも台風がやってくるという異例の事態となりました。

鷲林寺農地では、二毛作を行っている関係で、育てている稲は、晩生の「ヒノヒカリ」です。

麦刈りをしてから、田植えをしようと思うと、周りの農家の方よりもどうしても遅くなります。

とはいえ、ここまで遅れるとは、予想外。

せめて、10月中に刈取りを!ということで、急きょ集まっていただいた11組の方々と一緒に稲刈りをしました。


 


2週続けて雨だったせいか、今日の晴れ間は、本当に信じられないぐらいまぶしい晴れでした。

まずは、防鳥ネットを外します。



 

 


毎年のことですが、これがなかなか大変で、ましてや台風の風で穴の開いたところを繕いながらの作業となると、皆さんなかなか思うようにいきません。

それでも、皆さん大変辛抱強く取り組んでくれました。

小さな子どもたちは、ちょっと退屈・・・、でも畑でのびのび過ごしていました。



今回は、さすがにすべて手刈りとはいかず、周りを手で刈ってもらいながら、大半は、コンバインを使いました。

 

 
 


農業塾の活動で動いているところを見ることは、まずない機械なので、子どもたちも興味津々でした。



予定の時間は少しオーバーしましたが、それでも、お昼ごろには、終了。

最後に収穫したお米を観察しました。



これまでで、一番遅い稲刈りとなりましたが、これでようやくお米のシーズンの終了です。

そして、次は・・・、麦の準備。

晴れているうちに、みんなで頑張って準備をしていきたいと思います。

10月31日火曜日 緊急臨時稲刈り日にて