2017年6月28日水曜日

田植え、終了です!

長かった田植え期間の最終日、時折雨が降るお天気だったので、持越しかなぁと不安が頭をよぎりましたが、

なんとか、午後の晴れ間に救われて、田植え終了いたしました。

曇り空の下、頑張りました


あともう少しで植え終わります
 
みんな泥んこに!
 
雨がやんでくれたお天気と、参加された皆様の頑張りに、感謝申し上げます。

さて、このような書き出しは、大抵はことの終わりをイメージする内容ですが、

考えてみると、植えるのが終わっただけで、肝心なのはこれからで、水管理、草抜き、草刈り、スズメ除けとまだまだ長い道のりが・・・。

それでも、植え終えたことで一息つきたくなるのは、やはり大仕事ということなのでしょうね。

そんな折、田んぼへ続くあぜ道には、ナワシロイチゴが実をつけてくれます。

この赤い実がナワシロイチゴです


毎年のことで、今年もちょうど今が食べごろ。

大仕事のあとのご褒美なのかもしれません。

セミナーに参加している皆さんには、特別案内をしているわけではないのですが、

子どもたちが、その実に気付くと、移動中に所々で渋滞が、「イチゴ渋滞」です。

農業塾にくる子たちは、割と躊躇なくパクパク食べるのですが、一応、親御さんには、気を付けてもらっています。

そんなこどもたちのようすを見ていると、きっと将来「あの時のナワシロイチゴがおいしかった~。」と、農業塾の他の体験をよそに思い出す子もいるのでしょうから、これも大事な原体験。
 
少し大目にに見てあげようと思っています。

さて、そうこうしているうちに7月が目前、7月になると農業塾も夏時間。

皆様、朝少し早めに起きて、元気に農業塾に来てくださいね。

6月25日日曜日 甲山農業塾 つちの子日曜日コースにて

2017年6月18日日曜日

甲山ハイキングに行きました ~甲山農業塾 家族コース~


甲山農業塾の活動で、昨日と今日、甲山周辺のハイキングをしました。

日差しは強かったのですが、山の木々が影になって風が涼しかった。
 
 

 

歩いている時きれいな花が咲いているとみんなが教えてくれて見てみると、
 
オカトラノオが咲いていました。
 
 
 
 

花の先が虎の尾のように伸びていることからこの名前が付いています。

白い花がきれいでした。

 
ナラ枯れの話や、大阪城の石の話など山の話をして皆さん興味深そうでした。

午後からは、農地へ戻って農作業。

夏野菜のお世話をしたり、収穫をしたり、皆さんとっても頑張りました。

 
今日の収穫物
 
おうちに帰って、おいしいお野菜で、今日は、カレーかな?
 
暑い中お疲れ様でした。
 
6月18日日曜日 甲山農業塾 家族日曜日コースにて
 

 
 

2017年6月11日日曜日

麦秋 ~麦を刈りました~ 【神呪寺農地】


初夏のこの時期、麦があたり一面に広がり穂を実らせている様子を「麦秋」と言います。
 
麦が「収獲の秋」を迎えることからこの名前が付いたそうです。
 
新聞などでは九州や関西で麦の収穫が行われている様子が伝えられていると思います。

 神呪寺農地でも今日、「小麦を作って、ピザ作り!」というイベントで麦刈りをしました。
 
種を撒いた小麦と大麦を鎌で一人ひとり収穫をしていきました。
 
製粉される前の麦を見るのはほとんどの人が初めてのようでした。
 
 
刈り取る前の麦畑
 
 
こうべを垂れる大麦
 
小麦は上に向かってスッと伸びています
 
麦刈り開始
 
たくさんの麦、皆さんの力で刈り終えました
 
 

 現在は生産量が限られていますが、かつて兵庫県は麦の生産地として高い評価を受けていました。
 
岡山・香川県と並んで瀬戸内の「三県麦」と言われていました。
 
海外からの輸入がそのほとんどを占めている今、麦を育てて収穫できる機会はめったにないと思います。

 

今日は別の畑で収穫した大麦をフライパンで炒って麦茶にしました。
 
来られた方にそれぞれ飲んで頂いたのですが、香ばしくておいしいと好評でした。
 
畑や田んぼが減り、都会の地域でこのような体験はなかなかできなくなってきています。
 
景観の保全に加え、こどもや大人に直に作物に触れてもらうという意味でもこういったイベントを続けていければと思います。
 
6月11日日曜日 小麦を作って、ピザ作り 第3回目にて