2016年11月6日日曜日

二十四節気 【霜降(そうこう)】


霜降(そうこう)

 
 秋の季節は終わり、これからは厳しい冬の季節に入ります。
 
その少し前、ちょうど今ぐらいにある節気が霜降(そうこう)になります。
 
霜が降りると書いて霜降(そうこう)といいます。
 
農作業にとって霜は天敵ともいえる存在です。
 
朝晩と冷え込む日が出てきましたが、平野部ではまだ霜が降りるまでは寒くなってはいないようです。

田んぼからは紅葉をはじめた甲山が見えます。

 

 11月に入り甲山も紅葉の時期となりました。

*今年は「ナラ枯れ」もあって例年とは少しようすは違うのですが・・・。
 ナラ枯れについては、こちらをご覧ください。 →  http://kabuto.leaf.or.jp/dayori/dayori35.pdf
 
昔の言葉で、紅葉で山が彩られることを「山粧う(やまよそおう)」といいます。
 
山を歩けば足元に色づいた葉っぱやどんぐりが落ちています。
 
そうした落ち葉や木の実は山へとかえっていき、山の栄養となります。

 
農とくらしをつなぐサポーター養成講座では、山に入って間伐体験
 
足元には、落ち葉やどんぐりがたくさんありました。
 
 
 秋は食欲の季節でもあります。
 
畑ではサツマイモや里芋がとれごろで、里芋は味噌汁に、サツマイモは焼き芋にしてイベントなどで食べています。
 
11月6日の収穫物にも、サツマイモとサトイモが入りました。
 
 
 秋風が吹き、家の中でこたつにこもりがちとなる季節ですが、甲山の紅葉を見にハイキングをしてみてはいかがでしょうか。

田んぼからは六甲山の東端の社家郷山も見えます。


きっと体と心が温まることまちがいなしです。

11月6日日曜日 甲山農業塾 家族日曜日コースにて