2016年7月21日木曜日

【神呪寺農地】甲陽園小学校の5年生がやってきました!


こんにちは。神呪寺農地です。

梅雨が明けましたね。

さっそく、農地に真夏の太陽が照りつけています。

今日は、西宮市立甲陽園小学校5年生の子どもたちがやってきてくれました。

甲陽園小学校では、毎年5年生が神呪寺農地で米作りを体験しています。

今年も5月に田植えをしましたが、今日は、大きく育った稲と農地に棲む生きものの観察、それに、畑の草刈りをしました。

大きく成長した稲の中にたくさんのカエルやバッタやトンボなどが観察されました。
農薬などを使わない農地がたくさんの命を育んでいること、そして、それらの生きものがつながりあっていることを学習しましたよ。




田んぼの稲はどんなふうに成長していくのかな



おお!なんかおる!





畑では、安全なカマの使い方を練習しました。10月の活動では稲刈りをします。それに向けて草刈りで練習です。



おかげさまで、雑草も刈られて農地もきれいになりました。

そして、刈られた草を隣の畑へ運び、畝の間に敷きました。こうすることで雑草が生えたり土が乾燥したりするのを抑えることができます。「雑草も無駄にならず、役に立つんやな」と気づきの声も聞かれましたよ。





もうすぐ夏休み。
稲や生きものの様子を、神呪寺農地に時々見に来てみてくださいね!