二十四節気 芒種【ぼうしゅ】


芒種 - 【ぼうしゅ】と読みます

稲や麦など穂が出る植物の種を蒔くころのこと。

稲の穂先にある針のような突起を芒(のぎ)ということから来ているそうです。

 

初候

蟷螂(かまきり)生ず。蟷螂が生まれる頃のこと。

 

 
 
ちょうど蟷螂のこどもがいました。
 
この時期ほかに

苗代イチゴ

6月くらいに赤く実が熟します。

このことから苗という字がついているのだそう
 
今鷲林寺農地では、苗代イチゴがちょうど色づき始め、セミナー生やボランティアさんの楽しみの一つになっています。

 そして、

ホタル

このころからホタルが飛び交います。

甲山では仁川などの川辺で見る事ができるそうです。

梅が実る時期でもありますね。

そして、昔は田植えの時期でもありました。(今は5月が主流です)

 


甲山農地では、今が田植え時期。

どろの感触を楽しみつつ、無事終了しました。