2015年9月26日土曜日

お彼岸でした。

9月にはいったなぁと思っていると、あっという間にシルバーウィークが・・・。

そして、気が付けば秋分の日、お彼岸でした。

鷲林寺2丁目農地のまわりの田んぼは、あちらこちらで稲刈りがスタートしています。

私たちの活動田んぼの稲刈りは、もう少しあとになります。

神呪寺農地の方では、リヴァックスグループ主催のこども農業塾第3回目があり、1/3ほど稲刈りが終わりました。

もう秋の到来といっても良い時期ですね。

毎年、稲刈りが始まると怒涛のように忙しくなってついつい忘れてしまうのですが、今年は、覚えていました。

何が?って・・・


そうです。ヒガンバナです。

活動エリアのはずれに、ひっそりと植えてあります。

ボランティアの方からいただいた球根を植えていて、毎年この時期に忘れずに咲くことをとても不思議に思っています。

ただ毎年気づくのはお彼岸を過ぎてからなので、こんなにきれいに咲いているのをみるのは、久しぶりでした。

白いヒガンバナもきれいに咲いていました。

もともとは、むか~し昔に中国から渡ってきたそうですが、日本ではすっかり人里の風景として定着しています。

根に毒があるため、モグラ除けとなることや、根を水にさらして毒抜きをすると、飢饉の時の非常食になることから、お米と一緒に入ってきたのではないかと言われています。

中国でも、この時期に同じように咲いているのでしょうか?

ちょっと気になりますね。

また機会があれば、調べてみようと思います。

さて、いよいよ稲刈り、今年の出来は?

また後日ご報告いたします。

9月26日(土) 甲山農業塾 土曜日コースにて