2015年7月29日水曜日

夏の農地・・・

台風が通り過ぎ、梅雨明けとなりましたが、すぐに「夏」がやってきたわけではなく、その後も22日の水曜日、23日の木曜日と雨が降り、夏が来るのだろうかと言いたくなるほどの雨続きでした。

しかしながら、やはり夏はやってくるのです。

25日も大変な暑さ、そして、本日29日も猛暑日となりました。

暑かったのですが、夏を感じることができ、少しホッとしました。

ということで、予告通り「夏の農地・・・」(25日の写真が中心です)をご覧ください。

今年はあまりたくさん収穫できなかったトウモロコシ

田んぼからヤゴが・・・(ぬけがらです)

青い空、白い雲、下にちょっと社家郷山

青い空、白い雲
 
何かの親子みたいです。

トウモロコシもここまではよかったのですが・・・

くっきり甲山

がんばったあとのナデシコ(カワラナデシコ)

収穫して、みんなの口に入るでしょうか?
 
それとも・・・アライグマに・・・

これからの活躍に期待!!のゴーヤの花

黄色いスイカ
 
想像以上・・・、いえ
 
想像していたよりは甘かった

アオサギが来てくれてよかった。
 
生き物がいる証拠です。
 
夏は、「暑い」、「今年も暑い」それだけで嫌になってしまうときもありますが、あの日差しと、汗ほとばしる元気なこどもたちの姿と声をきくと、やっぱり夏はいいなぁと思うのです。
 
今日は、コープのくらぶ「農とくらし、環境をつなぐサポーターズ」と「わくわくどきどき学び隊」の合同イベントがあり、たくさんのこどもたちが甲山農地を訪れてくれました。
 
そして、夢中で生き物を追いかけていました。
 
そんな姿を見ていると、やはり生き物が豊かに暮らす里地里山は守っていかなければと思うのでした。
 
元気なこどもたちに付き合うお父さん、お母さんはじめ大人のみなさんは大変かもしれませんが、そんな姿を見ることができる環境があることは、実はとても貴重なこと・・・なのかもしれません。
 
感謝、感謝。
 
7月29日(水) 農とくらし・環境をつなぐサポーターズイベントにて