2014年12月21日日曜日

冬野菜いろいろ・・・

昨日は、思いのほかたくさんの雨が降りました。

寒さは幾分和らいだようですが、畑は、水が多すぎて作業がしにくく、いろいろと手間取ってしまいました。

それでも、草を抜いたり、収穫をしたり。

家族・グループコース、なんとか畑でも活動ができました。

そんな中出会った冬の野菜たちをご紹介しましょう!

ちょっと小さいキジマ大根、これってちゅうこん?
(農地で種を採っています〔自家採取〕)

ふと短いよう!洋にんじん

巻きたくないと頑張る白菜
「葉ボタンになろうかな・・・」

巻こうと頑張る白菜

巻いてくれた白菜の中身
(葉がオレンジ色の白菜です)
 
気持ちよく巻いてくれた数少ないキャベツ
 
やっとホウレンソウ、なかなか大きくなりません。
寒さに当たると甘くなります

みずみずしい水菜
ビニールハウスの中なので、柔らかそうにできてます

これぞ小松菜

もうすぐチンゲンサイ

るっっっっっ・・・・コラ(ルッコラ)
生野菜サラダでどうぞ
 

かたそうなタカナ
漬物にどうぞ
 
コイモたち(サトイモです)
 
いろいろ入った本日のおみやげ野菜セット
 
冬は、冬で、こんなにいろいろなお野菜が甲山農地を彩ってくれています。
 
冬の野菜の多くは、厳しい寒さに当たると自らが凍ってしまわないように、からだに糖分を蓄えると言われています。
 
そして、そのことで甘みが増すと言われているのです。
 
少々かわいそうではありますが、おかげでおいしい野菜になっているとも言えそうです。
 
寒さも必要なのですね。
 
12月21日(日)甲山農業塾 家族・グループコースにて
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2014年12月20日土曜日

しめ(!)縄作りです!


いよいよ今年も残すところあと10日ほどとなりました。


年越しを前に農地では、わらを使ってのしめ縄作りをしています。
 
わらを掃除して、わら束から作ります
 
 
しめ縄を飾る縄も作ります
 

みんなでしめ縄を作りました
 
 
稲は、お米をとったあとのわらも、もみがらも、ぬかも全て利用でき捨てるところがないこと
 

特にわらは、こうして文化や生活とのつながりも深く、昔の日本のくらしになくてはならなかったものだということ


そして、それが日本の主食であり、日本の農業にとっても多くの役割を果たしていることなど
 

しめ縄を作れてうれしいだけではないたくさんのことを学ばせてくれます。
 
甲山農地で作るしめ縄
 
(輪っかになっているのは、ずっと循環していくことを表している?!)
 

今年、良いことがたくさんあった人、


それほどでもなかった人、


あんまり良いことがなかった人


それぞれのそれなりの一年を締めくくり、良い年を迎えていただければと思います。


「そうですよ、西宮産のわらで作ったしめ縄、なかなかありませんよ。」

 
12月20日(土) 甲山農業塾 基礎体験コースの朝


2014年12月9日火曜日

この冬、はじめての氷が張りました。

12月に入ったと思ったら、急に寒い日となり、そのまま今日まで本当に寒い。

体調を崩されている方も結構たくさんおられるのでは?お大事になさってください。

そんな中、12月2日初めて氷が張りました。

こちらは、ビオトープに張った氷

こちらは、水場の水に張った氷

例年に比べて早いような気がします。

それ以来、12月9日の今日まで、毎日氷が張っています。

先週末の土曜日、日曜日は、甲山農業塾があり、こどもたちはこの氷を見て大はしゃぎ。

喜んで触っていました。

どう見ても冷たそうなのですが、喜びすぎてあまり感じていないのか、しばらくしっかり持って遊んでいました。

農作業がそっちのけになるほど。

でもまぁ、なかなかこんなに大きな氷や分厚い氷を見ることがないのだろうと思い、大目に見ることにしました。

農業塾は、年間を通したプログラムなので、冬でも活動があります。

あの暑い夏を経験すると、この寒さは、うそみたいに寒いと思います。

でも、こうして水も凍るほど寒いところで、冬野菜が育つのを見るだけで、こども達にとって(大人の方にとっても)、とても大切な経験になると思います。

なぜ冬野菜は、寒さに当たっても平気なんやろ?

なんで、寒さに当たったら甘くなる野菜があるんやろ?

写真にあるようにけなげに、でもしっかり芽を出した麦などをみていると、「私もちょっと背筋をのばさなければ・・・」という気になったりもします。

大麦です

冬には、冬の風景もあり(もちろん寒いですが・・・)、冬の良さがあります。

冬の農地もいいもんですよ。

ぜひ一度お越しください。

12月9日(火) 今日は、大社公民館でしめ縄作りの出前講座でした。