2014年11月28日金曜日

紅葉(こうよう)の季節です

この一週間ほどで、山の景色も随分様子が変わりました。

秋が深まり、そして、冬へ。

六甲山や甲山の紅葉(こうよう)は、今が一番見ごろのようです。

一カ月ほど前までは、まだ緑一色だった六甲山。

これは、ちょうどその頃の六甲山東端部に当たる社家郷山周辺の景色です。

10月です
 
それが、一カ月もたたない内にこんな景色に。

11月28日です
 
 
もう少し近づいてみるとこんな感じです
 

東の方もこんな感じです
 
写真ではお伝えしきれません。
 
ぜひともその目で確かめていただきたい景色です。
 
そして、これから一週間ほどで木々は、大空に向けて広げていた葉を落とし、足元を温めるように土を覆っていきます。
 
冬の訪れです。
 
予報では、今年は「暖冬」だと聞きます。
 
寒いのは苦手ですが、せっかく四季の彩が豊かな地域で暮らしているのですから、冬は冬らしくキリッと寒い方がいいですね。
 
そして、その寒~い冬のあとにやってくる春を心待ちにしたいと思います。
 
明日は、甲山農地で活動している神戸女学院大学「地域創りリーダー養成プログラム」の学生たちのイベントがあります。
 
残念ながら、雨が降りそうな予報です。
 
すこし手加減してもらえるとイベントも紅葉も助かるのですが。
 
おてんと様、いかがでしょうか?よろしくお願いいたします。
 
11月28日神戸女学院大学「地域創りリーダー養成プログラム」農地班イベント前日準備にて