2014年9月18日木曜日

かかしの物語(ジャックとまるこ編)

さわやかな秋晴れでした。

いよいよ甲山農地も稲刈り間近です。

そして、かかしの物語も今回が最後となります。

8月31日甲山農業塾の家族・グループコースの日、こどもたちが力を合わせ、二人のかかしを作りました。

この日は、セミナーで夏野菜の片づけや冬野菜の準備、植え付けなどを行っていました。

ひと通り作業を終え、大人は、田んぼのヒエ取りと畔草刈りへ。

そして、こども達は、かかし作り。

どちらの作業も、田んぼのお米がたくさん収穫できるようにとの思いを込めて。

こども達は、二つのグループに分かれて、みんなで力を合わせて作りました。

こちらが一人目の「まるこ」
 
名前は、ちびまる子ちゃんから取ったそうです。
 
 
大きなお顔と三つ編みがかわいい女の子です。
 

 そして、二人目がこちら


名前はジャックといいます。
 
映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」のジャック・スパロウから取ったそうです。
 
わかりにくいかもしれませんが、結構体はムキムキです。
 
このムキムキ感を出すためにたくさんのわらを使っています。
 
結構ずっしりと重たいからだに仕上がっています。
 
今は田んぼで稲穂を真ん中に向き合って(見詰め合って)お米を守ってくれています。
 
今日もしっかり見張ってくれていました。
 
稲刈りまで、もう少し・・・
 
「がんばれ!まるこ」「がんばれ!ジャック」
 
9月18日(木) ボランティア作業日にて