麦茶が冷えてますよ~

以前にも伝えしましたが、農地では、今回はじめて大麦を栽培しました。

その大麦も無事刈取りを終え、脱穀作業もなんとかクリアし、いよいよ大麦で何をしようか?

大人の皆さんからは、「ビールを作っては?」という意見が出るのですが、それは、なかなか敷居が高い。

そもそもは、手作り麦茶を作って、大麦のストローで飲んでみよー!というのが出発点。

その地点に立ち戻り、念願の麦茶作りをしました。

どうやって作るのか?って。

いたって簡単。こんな感じです。


フライパンを火にかけ、弱火でじっくり、およそ20分煎ります。

10分くらいすると、パチパチとはじける音が・・・。

そして、そのあと香ばしいにおい。

煎りあがった大麦をやかんで5分ほど煮だしてできあがり。


色は薄いのですが、いい香り。

いつも飲んでいる麦茶とはまた違った味わいです。

パックに入っているとわからない麦茶の原料である大麦そのものを見ること、そして、少し時間をかけて、じっくりとお茶を入れてみる、そんな体験になれば。

そして、その時間は無駄・・・?、贅沢・・・?、ゆったりとした時間の流れも感じてもらえればと、各セミナーで作っています。

どうです。少し飲んでみたくなりました?

7月6日(土) 甲山農業塾 家族・グループコースにて