2014年6月26日木曜日

ジャガイモは、植え方によってでき方が違うのだろうか?

そんな疑問がわき起こり、コープこうべ「農とくらしをつなぐサポーター養成講座」でジャガイモを植える際に、区別をしてみたのが、今年の3月のこと。

大抵この手の試みは、収穫の際にすっかり忘れて掘り起し、収穫したもの全部が一緒になってしまうことが多いのですが、今回は、分けて掘ることができました。

植え付け時の条件はというと
①丸ごと1個を植える
②半分に切ったものを植える(切った部分が下向き)
③半分に切ったものを植える(切った部分が上向き)
の3パターン

そもそもなぜこんなことをすることになったかというと、これまでは、ジャガイモを切って植える際、切った部分を下に向けて植えるのが常識のように言われてきました。

ところが、最近きった部分を上向きに植えるとよくできるという説が出てきたのです。

理由はというと・・・
そもそもジャガイモは、切った部分から芽が出ることはありません。
なので、皮の部分が芽の出るところ。
この面を下にすると、芽が土に上がってくるためには、かなりの遠回りを強いられ、必然的に強い芽が土から出てきてよく育ち、芽の間引きもあまりしなくて済むということでした。

そして、結果は?

丸ごと1個を植えたもの

半分で切った部分が下向き

半分で切った部分が上向き
 
 
う~ん、なんとも微妙な結果です。②と③での比較となると②の切った部分が下向きのものの方が大きいものがたくさんあるように見えます。
 
 
セミナーでの結論は、3つのパターンを比べるとあまり変わらないということになりましたが、1個植えと半分植えの違いがあるので、とりあえず、切って植えたほうが収穫量は多くなりそう、との見解で落ち着きました。
 
一株を掘っての比較なので結論付けてしまうのは難しいところです。
 
しかし、こういうことを確かめてみる作業というのは、とても有意義ですね。
 
セミナーならではという活動だなぁと感じました。
 
 
*この活動は、6月18日に行いました。




2014年6月15日日曜日

カボチャやら、ズッキーニやら、トウモロコシやら・・・

さて、夏野菜の苗の植え付けもほぼ終わり、今は、生長を見守りながら、お世話をしているところ。

そうこうしているうちに、夏野菜の赤ちゃんがちらほら出てきました。

こちらは、カボチャの雌花(めばな)です。
 
 
無事、雄花(おばな)の花粉がつくと、実が大きくなって一人前のカボチャになるはず。
 
 
こちらは、ズッキーニの雌花(めばな)です。
 
ズッキーニは、キュウリに似ていますが、カボチャの仲間です。
 
こちらは、どうやら受粉は終えているようです。
 
きっと大きくなるでしょう。
 
そして、こちらは、トウモロコシの雄花(おばな)
 
こちらは、まだ雌花(めばな)は出ていません。
 
そうそう夏野菜というのは、大抵こうして花を咲かせ、実をつけ、その実を人間がいただいています。
 
夏野菜を育てていると、収穫の時の実にばかり目が行ってしまいがちですが、花が咲かなければ実にはならず、その花にもいろいろな特徴があることがわかります。
 
本日登場した野菜は、雄花(おばな)と雌花(めばな)という二種類の花があって、雄花(おばな)の花粉が雌花(めばな)につかなければ(受粉しなければ)実がならないのです。
 
ほかにも、ナスやトマトなどの花もちょっと見てみてください。
 
また、違った特徴がありますよ。
 
【追伸】
 
梅雨だというのに、雨が少ないのが、気になります・・・。
 
6月14日(土) 甲山農業塾 自由参加日にて
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


2014年6月1日日曜日

帰る?カエル・・・

田んぼに水が入り、田植えが始まると、毎年たくさんのカエルを見かけるようになります。

鷲林寺2丁目の農地では、大体最初にアマガエルが出てきます。

畔シートに乗って一休みのアマガエル
 
 
アマガエルという名前からすると、結構水を好みそうなのですが、あまり得意では、ないようです。
 
 

泳いでいる感じを見ても、それほど苦手な感じには見えませんね。

でも、苦手なのだそうです。

聞くところによると、手に吸盤がついていて、何かにしがみつくのは得意なようです。

泳ぐ用の手にはなっていないのですね。

もし、捕まえることがあったら、見てみてください。

そして、観察させてもらったら、また元の場所に戻してあげてくださいね。

帰る?って聞いてあげたら、きっとカエル・・・と思いますよ。おうちに。

6月1日 先生のための農体験教室 開講式にて