2014年5月16日金曜日

大麦が色づき始めましたよ。

甲山農地では、今年も麦を育てています。
大麦と小麦です。

大麦を栽培するのははじめてです。
麦茶を作ってみたい。
わらでストローもいいかも。
などと取らぬ狸の皮算用。

でも、色づいてきました。
どうです、わかりますか?

もう少し大きくしてみると

上から見るとこんな感じ
 
ノゲと呼ばれる針のようなものがとても長いのが特徴です。

ノゲの短い小麦は、毎年すずめの被害に悩まされているのですが、この大麦は、この長いノゲのおかげで、すずめもよりつかないそうです。

それは、とても魅力的な話、本当かどうかは、今年の収穫を終えたころにわかります。

もうすぐです。楽しみ、楽しみ。

5月14日 農とくらしをつなぐサポーター養成講座にて


2014年5月3日土曜日

豆の季節がやってきました。

前回、端境期のことを書かせていただきました。

今は、ちょうど収穫物の少ない季節。

でも、それは、育ちの時期、成長の時期だとも言えます。

収穫物が少ないのはさみしいですが、成長という生命の息吹が感じられる貴重な時期、そう思って作物を見てみると、また違った感覚を覚えます。

そんな中、スナックエンドウが実をつけ始めました。

こんなに花が・・・
 
そして実が・・・
 
 
4月29日火曜日の雨以来、一気に大きくなりました。
 
 
しかしながら、今日の農業塾ではまだあまり収穫できずで、ちょっとさみしいお持ち帰りとなりました。
 
 
今日の収穫物はこれくらい
 
 
とはいえ、無農薬栽培で、西宮産、そして、なにより鮮度は抜群。
 
きっとおいしいと思います・・・よ!
 
次回、豆の収穫本番を期待して。
 
甲山農業塾 家族・グループコースにて