2013年8月18日日曜日

今年もお願いします。

農地スタッフ(以降 農):「もしもし~お世話になっております~」


かかし(以降 か:)「ども~いつもお世話になってます~」


農:「今年もそろそろお願いしたいんですけどよろしいですか?」


か:「いや~そうやね、今年はどんな感じです?田んぼのほうは」


農:「それが雨が降らず大変です。先日なんて40℃ですよ。お願いする田んぼにはちらほらと来てるんですよ!!スズメが」


か:「もう来てますか!?そら、急がなあかんね。んでいつにしましょ?」


農:「それがね、明日、日曜日から稲刈り終わりまでお願いしたいんですよ。いけます?」


か:「明日ですか?えらい急ですな。んな3名ほどですけどよろしいか?」


農:「あ~もう十分です。12時くらいに農地に来ていただけます?」


か:「了解しました、内容は昨年と一緒でいいですかね?」


農:「もちろん、道路沿いになるかもしれませんけどスズメを追い払ってもらいたいんです」


か:「まかせといてくださいよ、バッチリですわ!!」


農:「ほんまですか??昨年見ましたけど、かかしさんの肩にスズメとまってましたよ」


か:「見られてました??あの子、よー懐いてきてたんですわ。今年はないようにしますから」


農:「頼みますよ~では、明日」


か:「それと、お願いなんですけど、服を着させてもらうのはありがたいんですけど厚手のは勘弁してもらっていいですかね?雨が降ると重たくなるんで・・・(笑)」


農:「了解しました。今年は薄手の用意しときます。では、明日~」






と、一年に一度くる、稲刈りにむけて甲山農地でも準備を進めています。

実際ところ、かかしは甲山農業塾 家族・グループコースで作成しました。

おいしい新米が収穫できることを願って。



※農地スタッフとかかしの電話のやりとりはすべてフィクションです。


甲山農業塾 家族・グループコースにて撮影