2013年6月26日水曜日

粉になるまで。

先週は雨の日が続きました。

梅雨入り以降、「雨が降らんな~ 畑もカラッカラや」としきりに口にしていましたが、

「もう降らんでいいよ~」なんて。勝手なもんですね。

さて、日曜日の活動で麦刈りが終了しました。

甲山農地では稲刈り同様、手刈り、天日干しを行います。

小麦天日干し 雨に濡れないようにビニールハウスへ
この日は事前に干していた分を脱穀・製粉まで行いました。
長くおいていると小麦の中に「蛾」が卵を産み付けます。
その名も「麦蛾」というらしいです(いやっ!!そのまま!!)

早速、脱穀機を使って脱穀です。農地では子どもたちと足踏み脱穀機を使って
昔ながらの方法を体験することができます。
稲刈りの時に紹介しましますね。

脱穀機を使って作業
脱穀した小麦を製粉。石臼は結構、力が要るんですよ。
全てを石うすで行うのはさすがに時間がかかります。

石臼にて製粉
機械の登場に子どもたちも興味津々。
製粉機 登場!!
この後はふるいがけを2回ほどして小麦粉の完成です。

甲山農業塾 自由参加日にて撮影



2013年6月20日木曜日

農地散歩

先週は久しぶりに雨が降りました。

農地の野菜も恵みの雨に大喜び。

と、ビニールハウスで片付けをしていると、脚に何かが止まった気配。


恐る恐る見てみると・・・



ここから5分間離れませんでした。

次はどこを目指して飛んでいったのでしょうか。農地を優雅にお散歩です。





2013年6月9日日曜日

小麦色。

田植えが終盤を迎え、秋には黄金色に輝く稲穂が待ち遠しいです。


夏にかけては雑草と、秋には稲穂めがけてスズメとの勝負です。

と、田んぼの横を見れば既にスズメが来ているではありませんか!?


何をしにきているのか。

農地には小麦を植えており食べに来ているんですね。
昨年11月に撒いた種が大きくなり、そろそろ麦刈りの季節。

昨年は製粉をしてうどんなどにして食べることが出来ました。

今年は何を作りましょう。楽しみで仕方ありません。



6月8日(土)先生のための農体験教室にて

2013年6月5日水曜日

田植え


いよいよ農地でも田植えがはじまりました。
もみから育てた苗をみんなで植えます。
秋にたくさん収穫できることを楽しみにみんなで並んで息を合わせて!

アカハライモリもびっくり!
一直線に並んで!雰囲気伝わってます?

詳しくはホームページをご覧ください 
6月2日家族グループコースにて