2018年9月16日日曜日

【鷲林寺農地】 タマネギの種まき

 
こんにちは!今週末も甲山農業塾がありました!


鷲林寺農地での台風21号の被害もあまりなく、稲やハウスも無事でした。

農地がめちゃくちゃになっていたらどうしようかと思いましたが、少し安心しました。


 
台風の影響でゴーヤのネットが倒れてしまったので直しているところです。




さて、今日の農業塾ですが、畝作りや種まき、苗を植えました。

何人かずつで分かれて作業を行いました。

その中で子どもたちが真剣に作業した1つがタマネギの種まきです!



/


畝に4本のスジをつけ、そこに指の大きさ程(およそ1センチ)の間隔をあけながら種を置いていきました。

種は2mmもないほどの大きさ、しかも土の色に似た黒色。

同じところにたくさんまいてしまったり、まき忘れた場所があったり!?


それでも隣の子とも協力し合いながらまき終えました!


とても集中力がいる作業でしたが、子どもたちも最後までがんばりました!



本日で夏時間が終わりです。次回から10時~15時の活動になります!


9月16日甲山農業塾家族日曜日コースにて

2018年9月6日木曜日

【神呪寺農地】台風一過

今年は台風が多いですね。
農地でも、毎週のように台風対応をしている気がします。

先日近畿地方を直撃した台風21号。日本中に大きな被害をもたらしました。
台風が過ぎたあとの神呪寺農地の様子です。

田んぼの稲は色づき始めていましたが、さいわい倒れずにすみました。
農地に大風が吹き荒れたのでしょう。
背の高いオクラが傾いています。

しかく豆の棚は、実は3日ほど前に前回の台風の倒壊から立て直したばかり。
また立て直しが必要です。とほほ。

でも、マメは元気でした。
しかく豆。
切ってみると、ほんとうに四角です。
さあ!
台風に負けずに、がんばるぞ。



2018年9月2日日曜日

週末に甲山農業塾がありました!


甲山農業塾が週末にあり、畑で作業をするついでに田んぼを見に行きました。

田んぼにはネットが張られており、これは先週ほかのセミナーの方と一緒に張ったものです。

ネットを張るのは少人数では難しく、面積も広いためどこかにネットをひっかけながら頑張って張りました。

 
                               夕方に親子で米作りコースでネットを張る
 
 
収穫はナスとピーマンです。

採れたナスにはニジュウヤホシテントウのかじった跡がありました。

歯形のようにギザギザの線がついていました。

ニジュウヤホシテントウはテントウムシのような外見をした虫なのですが、このように野菜の表面をかじる害虫です。
 
幼虫と成虫でかじり方が違う面白い昆虫です。
写真は幼虫がかじったナスの写真です。
 

              ニジュウヤホシテントウのかじった痕 
                (ギザギザの歯型が中央部に)


野菜クイズをしました。

夏の野菜をメインにやったのですが、予想以上に正答率が高く、びっくりしました。

カボチャやゴーヤなどのウリ科を見分けるのが難しかったと思います。

冬には冬野菜のクイズをします。

夏の野菜に負けず劣らず冬野菜も難しいと思います。

がんばりましょう!


           夏野菜クイズ(葉・花はどの野菜のものか)


         2018年9月2日 甲山農業塾家族日曜日コースにて

2018年8月29日水曜日

夏休みの活動報告 「甲山農業塾 現役OB交流会」


甲山農業塾 交流会 2018811日土曜日 晴れ

 先日、社家郷山キャンプ場を借りて甲山農業塾の交流会を行いました。

 卒業生の方と現役生の方合わせて20組以上の参加となり、合計70人近くの大人数で行いました。(写真)
 まず、班ごとに分かれてカレーをつくりました。
土曜日、日曜日、卒業生の3家族でグループを組みました
 
かまどの火起こしもしました
 
僕の作ったカレー、上手にできるかなぁ?
 
わたしたちのカレー①
 
カレーをつくりながら、皆さんお話をされながら、和気あいあい。
 
私たちのカレー②
 
カレーとごはん、皆さん上手にできました。
 
午後からは〇×クイズとスイカ割りをしました。
 
〇×クイズ。問題の難易度の差が大きすぎたようでした・・・(反省)
 
スイカ割り①
 
まわりも熱中して応援していました。
 
スイカ割り②
 
当てるのは意外と難しい。
 
スイカもおいしそうに食べていました。
 
スイカは、クイズの景品に少しまわし、あとは完食です。
 
皆さんで集まる機会は、楽しいとの声をたくさんいただきました。
 
皆さん、ありがとうございました。
 
今後ともよろしくお願いします。
 
8月29日(水)コープセミナー植生調査の日にて
 

2018年8月16日木曜日

田んぼの中干し完了です。

 
7月は、大荒れの一ヶ月となりました。

7月上旬は、大雨に見舞われセミナーが中止、その後は、記録的猛暑により7月後半のイベントが中止に、そして、猛暑の時期とかさなるように逆走台風の上陸。

作物への被害などで畑の状況も大変でしたが、田んぼにもなかなか目を向けられない日々でした。

それでも、そんな出来事の合間を縫ってなんとか除草作業を行い、ようやく中干しを行うことができました。

除草作業はたいへんでコナギという草が絨毯のようでした。

稲の間にあるのがコナギです。
 
除草作業の後、田んぼの水の出口の堰(せき)を外して水を抜いていきました。
 
少しずつ水が出口に流れてきます。
 
勢いよく水が水路に流れ出ていきます。
 
*水路から田んぼに引いた水は、あまり水や排水をもとの水路に戻すのが田んぼのルールなのです。
 
完全に水は抜けて、地面も少しひび割れています。
 
もう少し大きく成長してほしいので、肥料を入れました。
 
 
みんなで撒いてもらいました。
 
肥料を撒いてもらったあと、再び水が入りました。
 
もうすぐ出穂(しゅっすい)の時期を迎えます。
 
稲の花が見られのも、もうすぐです。
 
8月16日木曜日 ボランティア作業日にて
 
 
 
 
 
 
 


2018年7月18日水曜日

キュウリ、黒門しろうり、青ナスを植えました。

少し前の話になります。

夏野菜は、ほぼ植え終わり1ヶ月ほどたったころ、少し時期をずらして夏野菜を植えておこうと、キュウリ、黒門しろうり(これは、大阪の伝統野菜だそうです)、青ナス(甲山農地でここ3年ほど種を採取している緑色のナス)を植えました。

随分気温も上がってきてましたので、地中の温度も心配です。

地温の上昇や水分の蒸発を防ごうと、わらや刈った草を使って草マルチ。

その植え付けスライドをご覧ください。

まずは備中鍬で耕耘
 
こんなに草がありました
 
 
堆肥や肥料を入れて整地
 
次に植える場所にしるしをつけました
50センチ間隔て植え付け

苗の数が足りるかどうかを置いてみて確認
 
植えていきました
水が畝からこぼれないように、水鉢(みずばち)を作ります。
 
支柱も立てました
右が青なす。左の手前が黒門しろうり、奥がキュウリです
 
黒門しろうりは、畝の横にも小さめの苗を植えました
 
たっぷり水やり
植えた後は、これが肝心です。
 
次は、乾燥防止を期待して敷き藁
 
最後は、周りに生えている草を刈ったものを全体に敷き詰めました
 
植えた直後は、敷いた草もまだ青く、どこに植え付けをしたかわかりにくい感じで、見た目もあまりすっきりしないかもしれませんが、この草が乾燥するとなかなか良い感じです。
 
次は、生長した姿を見ていただけるよう、毎日水やりに励んでいます。
 
暑い日が続いております。皆様、熱中症にはくれぐれもご注意ください。
 
本日、7月18日(水)農とくらしをつなぐサポーター養成講座の植生調査の日でした。
 
 
 
 

2018年6月24日日曜日

畑で子育て!【神呪寺農地】

5月から始まっている「畑で子育て」。
今日はその第2回目の日でした。


1回目でポットに種まきした落花生とエダマメとゴーヤの苗を植えましたよ。


それから、サツマイモの苗も植えました。
秋にはみんなで芋ほりしましょうねー!

今日の収穫は
ジャガイモと小松菜とにんじん!
子どもよりも大人のほうが夢中で収穫されているようでした。


畝を掘ると、丸々とふとったミミズがたくさん出てきました。
「このミミズさんたちが甲山の落ち葉を食べて、よい土を作ってくれてるんだよー。」
とお話しすると
「ミミズさんありがとう!」
とごあいさつしてくれたおともだちがいました。
「いえいえ、どういたしまして」というように、ミミズは土の中にもぐっていきました。

 
次は、7がつにお会いしましょう!