2020年2月22日土曜日

親子で農体験!甲山農地見学会=オープンデー!やります!

あっという間に2月も終わりが見えてきました。

甲山農地見学と、2020年度甲山農業塾、畑と山で子育て、親子で米作りなどの活動説明会を兼ねて、

今年もオープンデーを行います。

案内チラシが完成しました。

表面


裏面

今年は、対象コースによって場所を変えて実施いたします。

小学校へ行く前の年齢のお子さんをお持ちのご家族は、
3月7日(土)、3月15日(日)に神呪寺エリアへ、

小学生のお子さんをお持ちのご家族は、
3月21日(土)、22日(日)鷲林寺エリアへ

もしご兄弟がおられ、どちらにしようか迷っているかたは、ご相談ください。

どちらへお越しになっても事業説明はさせていただきます。

その旨お申し出ください。

まずは、ぜひとも農地をご覧ください。

お申込み専用電話 070-1573-4344

FAX:0798-69-1186

メールでのお申込みも可能です。

E-mailアドレス:kuse@leaf.or.jp


 



2020年2月19日水曜日

この時期のダイコン

皆さま、こんにちは。

年が明けたと思ったらもう2月!

甲山農業塾は今年度も2月が最終回です。
早いですね…

農地へ行ってみると、ダイコンが「トウ立ち」を始めていました。





「トウ立ち」とは茎がのびてつぼみや花をつけることをいいます。

見ての通りつぼみが…
このまま放っておくと、白色や薄い紫色の花が咲きます。

あたたかい日が続くと「トウ立ち」するんですね。

寒さが戻ってきて、また暖かくなるようですね。

皆さんも体調に気をつけてお過ごしください!

追伸

昨日の家族コースでダイコンの花の色は?

とクイズを出したのですが、答えを聞いていなかった人のために応えは?

白(大根の花は白です)

2020年2月12日水曜日

サツマイモの準備

皆さん、こんにちは。

まだまだ寒い日が続いていますね。
先日は甲山でも時折雪がちらついていました。

農地では、もう秋に収穫するサツマイモの準備をしています。


ビニールハウスでサツマイモの苗を作っています。
外では寒すぎるんですね。

去年(2019年)収穫したときに、種イモとなるサツマイモをとっておきました。

1月、そのサツマイモを土の中に埋めました。

土の中は30℃もあります!あたたかい!
ヒーターを使って温めているんです。



どんどん成長し…

2月。ツルがのびてきました!



そろそろ広い畝に苗たちをうつしてあげます。
もっともっとツルがのびていくはずです。

また成長の様子をお伝えします!

2020年2月6日木曜日

おとなの皆さん 農とくらしをつなぐサポーター養成講座 参加者募集中です!

甲山周辺の農地で、四季を感じながら、農体験!

米作り、野菜作り、森林体験、収穫祭にみそ作りなど、

人間のくらしの基礎となる食、農、環境の活動を通して、

「心豊かな暮らし」

「これからの地域の活動」

「環境問題」「食の安心安全」「エネルギーや水の問題」

そして、「人と自然、人と人のつながり」

などなど、

一緒に考えてみませんか?

2020年4月より、2020年農とくらしをつなぐサポーター養成講座が開講





6月の田植え

10月の稲刈り

11月の森林(間伐)体験

12月のしめ縄作り

2月のみそ作り

他にも堆肥作り、肥料作り、苗作りなどを含めた、年間を通じた野菜作りを行います。

そして、学びの場として農地で活動を行うことは、都市近郊農地の保全にもつながっています。

皆様のご参加をお待ちしております。

現地を見ていただける機会もございますので、ぜひお問い合わせください。

※水曜日に見学受け入れをしており219日(水)、311日(水)以外の水曜日で見学受付中
お問い合わせ TEL:080-4665-3806(担当:久世)

FAX:0798-69-1186

E-mail:shizen@leaf.or.jp

2020年2月2日日曜日

久しぶりの農地

皆さま、こんにちは。

暖かくなったり寒くなったりと忙しい日が続いていますね…

山での活動をたくさん紹介しましたが、
今日は久しぶりに農地の様子をご紹介します!


まずは小麦から!
だいぶ葉がのびてきました。


土のあたりを見て何か気づきませんか…?

畝の端が削られているんです。


カラスかな?イタチかな?
動物たちが畝の中の肥料を食べに来たようです…
きれいに麦の葉だけが残っています。



次は…
12月に芽だけ紹介していました。
これは、ホウレンソウです!


12月からの成長ぶりがすごいですね!


タマネギは相変わらずの様子…


なかなか大きくなりませんね。



エンドウマメは、白い花が咲いています!
花が咲くには、ちょっと早いのですが・・・、それでも・・・。


少し農地の光景がさみしくなる冬に花を見られるとうれしいですね。


寒さに負けずがんばっている作物たちの成長を見守っていきます!

2020年1月24日金曜日

農地をはなれて山へ②

皆さま、こんにちは。

農地の風は冷たいままですが、日差しが暖かく感じられるようになってきました。


今回もまた、農地ではなく山のお話です。

鷲林寺農地の近くに社家郷山キャンプ場があります。
冬の社家郷山の様子は…

落ち葉がいっぱいなんですね。




そんな中、1月のつちの子コースでは焼き芋と落ち葉拾いをしています!


秋に掘ったサツマイモをかまどの火で焼きます。
あまくてとてもおいしいです!

そして、山の落ち葉をみんなで集めます。



集めた落ち葉は袋に入れます。


この落ち葉は堆肥になります。

堆肥というのは、この落ち葉に、米ぬか、石灰(草木灰)を混ぜて作ります。

山の土をお手本にして、微生物の力で堆肥を作ります。

1年ほどで落ち葉の堆肥ができます。

つまり、山の落ち葉が堆肥になり、農地の土をつくるんです。
山と農地のつながりが感じられる活動ですね。

いろいろな自然と人間とのかかわりを忘れないでいたいなぁと思います。

2020年1月19日日曜日

農地をはなれて山へ①

皆さま、こんにちは。

1月ももう半ば。早いものです…


突然ですが、田んぼの水はどこから流れてきているかわかりますか?


…そう、山です!
鷲林寺農地の田んぼの水は六甲山から流れてきているんです。


1月12日(土)。
2020年最初の家族コースでは、田んぼから水路をたどって歩いてみました。

冬の田んぼの様子を見ながら、田んぼに関するクイズもしました。


どんどん歩いて…


ゴールは社家郷山キャンプ場。

キャンプ場ではもちつきをしました。
もちろん農地でとれたもち米で!



普段の活動では農地の様子を見ることが多いですが、
山からも自然の恵みをもらっていたんですね。


次回もそんな山での活動の一部をご紹介します。